審査なしのetcカードの作り方


審査なしのetcカードの作り方

etcカードで審査?

高速道路の通行料金の支払いに便利なetcカードはクレジットカードの追加カードとして発行するケースが一般的です。この場合、etcカードだけを単独で発行してもらうということはできず、クレジットカードがあって初めて追加カードも発行してもらうことができるというスタンスになるため、ETCを使いたい人はクレジットカードも申し込まなければいけません。クレジットカードに申し込むと、まず最初に審査が行われます。クレジットカードは信用貸しの後払いシステムですから、利用した金額をきちんと返済できるのか、審査ではその人の返済能力を確かめるために雇用形態や収入が調べられることになります。申し込んだ人は誰でも審査に通れるというわけではなく、場合によってはいくら申込んでも審査に通らずにクレジットカードが作れないという人もいます。クレジットカードが作れなければ、当然ですが追加カードとなるetcカードも作れないことになってしまうので、ケースバイケースではetcカードを持ちたくても持てない人は存在しているのです。

審査なしのetcカード>とは

しかし、etcカードの中には審査が必要ないタイプのものが存在しています。それが、ETCパーソナルカードというものです。これは、審査をおこなわない代わりに最初に保証金と入れることでカードを発行してもらえるというもので、毎月1万円以内の通行料の利用でも保証金は4万円が必要となります。通行料が多くなれば必要になる保証金も増えるので、パーソナルカードは審査がない代わりに最初にまとまった金額の保証金が必要となる「経費がかかるカード」と言えるでしょう。

どんな人にオススメ?

審査なしのパーソナルカードは、クレジットカードの審査に通らない人にオススメです。パーソナルカードは申込用紙に記入して必要な金額の保証金を納めれば自動的に発行してもらうことができます。そのため、これまでetcカードを持ちたくてもクレジットカードの審査に通らないために持つことができなかったという人にとっては、審査なしのカードなら必ず持てるので安心です。etcカードを作れば、高速道路の料金所で列に並んでイライラする必要もなくなりますし、割引制度が適用されるので通行料の節約にもつながります。

保証金の行方

パーソナルカードに申し込むと、まず最初に保証金を納めることになります。金額は毎月平均してどのぐらいの通行料金になるかによって異なりますが、少なくても4万円となっていて、通行料の目安を5000円単位で切り上げ、その4倍が保証金の目安となります。実際に高速道路を利用すると、通行料は銀行口座からの引き落としとなり、保証金から引かれるというわけではありません。パーソナルカードはプリペイド式のカードではないので、通行料は翌月の自動引き落とし日に銀行口座からの引き落としで支払うことになります。ちなみに最初に収める保証金は、etcカードを解約するまでは保証金として保管され、解約すれば手数料などがかかることなく全額が返還されます。

メリットとデメリット

パーソナルカードは、審査がいらずに申し込んで保証金を納めれば誰でも持つことができるというメリットがありますし、クレジットカードにリンクしているわけではないため、ショッピングなどでついつい使いすぎてしまう心配がないという安心感があります。しかし、最初に少なくても4万円以上の保証金を納めなければいけないのでまとまった費用がかかってしまうというデメリットや、年会費が1200円(2015年12月現在)かかるので、高速道路を頻繁に利用する人でなければコストパフォーマンスが悪くなってしまうというデメリットも考えられます。コスト面でetcカードを選びたい場合には、パーソナルカードではなく審査があってもクレジットカードの追加カードとして発行してもらったほうがお得ですし、その方法なら保証金も必要ありませんし、年会費が永久無料で持つことも可能です。

審査なしの法人ETCカード

法人ETCカード.com